北九州市の美大受験予備校/造形芸術を学ぶならディーキューブアートスタジオ

造形芸術学校  ディーキューブアートスタジオ
top rogo-k.png

受 カテゴリー.png

2018年度 合格おめでとう!






東内.jpg

嘉穂




多摩美術大学

情報デザイン


九州産業大学

ビジュアルデザイン



東内 デザイン.tif


東内_2.png


大切なのは素直さを持つこと

d3で学んだこと
 私は高2の夏期講習からd3に通い始めました。入学した時は、将来絵に関わる仕事がしたいなとぼんやりとした目標しかありませんでした。しかし、d3に来ると入試に向けて勉強する仲間に刺激され頑張っていくうちに少しずつ方向が定まっていきました。d3での授業は、入試のためのデッサンやデザインだけでなく、自由に制作することもあり、自分の好きなものを考え活かしたり、自分なりの制作をすることができました。中でも印象に残っているのはd3の近くにある旦過市場の作品展に向けて制作をしたことです。実際に旦過市場に行って、働いている方と話したり隅々まで観察してりして面白いと思ったことを作品として残すことが出来ました。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 私が印象に残っているのは「デッサンの中に見所(見て欲しい頑張ったポイント)をつくる」ことと、「見る人を楽しませる」ことです。ぽやっと描くのではなく、構図や描写で見所を考えながら作ることを意識しました。2つ目の「楽しませる」ことはとても難しくてなかなか出来ませんでしたが、(特にデザインの課題で)クスっと笑えるようなポイントを作りたい、見た人に興味を持ってもらいたいと常に考えていました。

受験の心構え
 私の自宅はd3から遠く、部活との両立は大変で同級生と比べるとd3に通う日数も少なくなってしまいましたが、夏頃は特に周りに追いつこうと必死で描いていました。でも、それだけではなかなか上手くならず、友達のデッサンを見て意見交換したり、自分の長所・短所について分析してみたり、短所を補うためにどうしたら良いかを考えていました。結果、少しは成長できたのではないかと思います。大切なのは、一人でがむしゃらに描くのではなく、先生方の意見はもちろん、友達の意見も聞き入れられる素直さを持つことだと思います。

これから入学する生徒たちへ
 d3には同じ目標に向かって頑張る仲間が沢山います。入学するときの自分の目標が曖昧だとしても、仲間と努力する中で自然と固まっていきます。とにかく描くことと、好きな気持ちと楽しむことを忘れなければ受験を乗り越えることができます。学校では出会うことができない仲間を大切にして頑張ってください。






上條.jpg

青豊




大分芸術文化短期大学

美術専攻









上條.png


0からのスタートでも自分のペースで!

d3で学んだこと
 高3の秋に急遽、理系から美術系に進路変更し、d3に通い始めたのは3月からでした。入試直前から受験勉強を始めたので浪人を覚悟していました。それまで全くデッサンしたことがなかったので0からのスタートでした。しかし、先生達の熱い指導のもと、精神力、忍耐力、また周囲の人への気配りも、美術だけでなく生活面でも重要となることを学ぶことができました。また、志望するする絵画のことだけでなく、彫刻やデザインなど分野以外の内容も学習できたことは良かったです。特に刺激になったのは、旦過市場をテーマにした作品の制作と、制作した作品を発表する旦過市場展に参加したことです。市場に行き、お店の方とお話ししたり、展覧会の内容を案内するチラシを配ったりと全てが初めての経験で新鮮でした。社会の厳しさや、コミュニケーションの大切さを学んだ楽しい経験でした。私にとって、この一年は大変濃厚な日々でした。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 特に印象に残っていることは2つあります。1つ目は「絵を描くことと普段の生活の出来事は同じ」。はじめこの言葉を言われた時は半分くらいしか理解できませんでしたが、後になってやっと分かりました。その後は余計なことを考えず自分のペースでしっかり毎日過ごせたと思います。2つ目は「モチーフを愛す」です。私はいつも1つのことを言われると、そのことで頭が一杯になりモチーフの良いところや特徴などをおろそかにしがちでした。しかしそうではなく、第一にモチーフをよく観察して理解することが大切なのだと分かりました。

受験の心構え
 周囲の人に頼りましょう。先生や、d3のOB・OG(先輩)、友人に疑問・質問をぶつけてみることが大切です。対抗心を燃やすことも必要ですが、他人の頭を覗くことも大事です。とはいえ一番は己に負けないよう頑張ることですが。時には自分を褒めてあげるとやる気が出ます。

これから入学する生徒たちへ
 自分がどんな作品を造りたいか、楽しく探していけばよいと思います。そのためには努力し、周囲と協力し、どんどん自分の壁を崩し充実した毎日を送ってください。また、美術だからといって体を動かさないと思っていたらそれは間違いです。全力で描くには体力がいります。私は制作で息切れしないよう、海峡マラソンや100キロウォークなどに参加し体力面も強化しました。良い意味で受験に活かせたと思います。自分のスタイルで楽しく勉強してください。







清水.jpg

小倉




九州大学

芸術工学部 工業設計









清水.png


基礎をしっかり学び、積極的に課題に取り組むこと

d3で学んだこと
 九州大学のAO入試ではセンター試験の点数も必要だったので、学科の予備校に通いつつd3には4月から毎週土曜日通い始めました。それまでデッサンの経験はなく、特別絵が上手なわけではありませんでしたが、一から丁寧に基礎を教わり1年間で合格できる力を身につけることができました。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 「与えられたモチーフをよく観察すること」「積極的に課題に取り組むこと」の2つです。まずモチーフを色々な角度から観察することで、形や質感などの特色をつかむことができ、より正確にデッサンすることができます。またモチーフの配置構成を面白くなるよう積極性を持って考えてみたりすると、作品の内容が伴って充実してきます。その他様々な内容を学びました。

受験の心構え
 センター対策のために週に一度しか通っていませんでしたが、自宅でも学科の勉強の息抜きにデッサンの基礎の見直しをしていました。また、試験は卓上デッサンと共にその構成理由を問うものだったので、他人とは違う面白いことを書けるようにするため興味あることについての知識を増やしたりしていました。

これから入学する生徒たちへ
 センター6割程度、デッサン未経験という状態で浪人生活を開始しました。当時の自分の実力ではかなり厳しい合格を目標に約10ヶ月間、自分なりに努力しました。この浪人生活を通して目標を高く設定し、精一杯頑張ることが大切だと学び、それは必ずこれからの糧になると思います。もし自分の行きたい大学が今の実力からかけ離れていたとしても、まずはその大学を目標に努力してみると悔いの残らない結果が得られると思います。



2017年度

参考作品は上達の推移として掲載しています






吉武.JPG

鎮西敬愛




金沢美術工芸大学

製品デザイン

武蔵野美術大学

工芸工業デザイン
建築

多摩美術大学

プロダクトデザイン
環境デザイン

東京造形大学

インダストリアルデザイン


吉武 トマト.png浪人の夏期講習


吉武 ペン.png入試直前講習
吉武 ワイン.png


モチーフの魅力を探すのが楽しかったです
「愛情を絶やさずに描く」が成功の秘訣でした

d3で学んだこと
 僕がd3に入学しようと考え始めたのは、高2の冬頃でした。丁度進路について考えていた時期でもあり、「小さい頃から絵を描いたり、工作をしたりするのが得意だったこと、そしてプロダクトデザイン(こと車に関しては誰にも負けない程、愛がありました)に興味があったこと」が背中を押し、d3に入学。d3は他の美大受験予備校とは違い、受験対策だけでなく大学進学後のことも視野に入れたカリキュラムが組まれていて、非常に充実した受験ライフを送ることができました。又、校舎近郊にクエストや無印良品などがあり、デザイン関係の情報を収集する場としても良かったです。d3で学び、幅広い視野を持って物事を考えられるようになったと思います。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 特に印象に残っているのが「与えられたモチーフの良い所を見つけなさい」です。このアドバイスを受けてからは、「金属の映り込みがかっこいい」「モチーフの形が美しい」「色・素材が良い」などといったことに気付けるようになり、デッサンを描くことが数倍にも楽しくなりました。モチーフのさりげない格好良さを発見することはデッサンを描く上で大切な要素の1つだと思います。

受験の心構え
 「モチーフへの愛情を絶やさずに描く」ことを常に頭の片隅に置いていたと思います。出題されたモチーフの長所を知ってモチーフを好きになることで、完成させる作品は不思議と生き生きします。(僕の場合は、工業製品に命をかけ過ぎて他の自然物が置き去りにされていたことが多々あろましたが)とにかく、能動的に課題をこなす意識が必要だと思います。

これから入学する生徒たちへ
 「受験」というと、辛く苦しいイメージで「努力しなきゃ」とか「頑張らなきゃ」という思いが先走ってしまいますが、めげずに楽しんでみてください。楽しんで乗り越えてください。周りの人への感謝の気持ちも忘れずに、実りあるd3ライフを過ごしてください。






小野.JPG

明治学園 現役合格




武蔵野美術大学

視覚伝達デザイン
基礎デザイン
空間演出デザイン


小野2年2016罫.png高2Ⅲ期に描いたデッサン
小野 ゲタ罫.png高3Ⅱ期


自分の長所を知ることで、
余計なことを考えず実技に取り組めました

d3で学んだこと
 高校に入学する前の春休み、d3の体験授業に参加したのが最初でした。今までデッサンなどしたことがなかったし、高校の授業では学べないことだろうと思い、体験をきっかけに春期講習会を受講し、その後入学して本格的に勉強を始めました。授業では、デッサンを始め色彩や彫塑など、色々やらせてもらえました。リンゴをモチーフにデッサンし、続けて彫塑(模刻)したときには、立体感や重量感を体感できたし、観察の仕方や考え方など様々な視点から学ぶことができました。その他自分なりの正解を導き出す課題が多く、それに挑むのは不安もありましたが、沢山失敗しながら魅力を探し試行錯誤していくのはとてもやりがいがありました。又、学習を進めていくうちに、色、形、影など、今まで気にもしていなかったことに興味が湧き、身の周りを観察することが増えました。毎日新しいことを知るのがとても楽しかったです。高校の授業ではノートの取り方をもっと見易いようにしようと、字間や行間、大事な箇所が目に入るように工夫したり、生活面では、母に整理が上手くなったねと言われるようになったり、日常にも変化が訪れました。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 「他の受験生の三倍の努力がいる」「貴方は空間を描くのが上手」この二つです。高二の冬まで部活をしていて、それまであまり授業に参加できていませんでしたが、この二つの言葉に支えられました。おかげで努力し続けることができたし、今まで気付かなかった自分の良さを知ることで、余計なことを考えず要所をおさえて実技に取り組めていたと思います。日々の意識も変わったし、焦りや不安も無くなりました。今の自分の糧であり、自信に繋がっています。

受験の心構え
 特に隙間時間を有効に使うよう心がけました。通学のバスの中や休憩時間などを、英単語などの暗記や色彩構成の構図を考えることにあてました。又、デッサンをする時は、自分がこれまで注意をうけたことを一度思い出すようにして、同じ間違いをしないよう意識しました。受験を通して学んだことは「人と比べない」です。絵は机上の学問とは違い個性があります。その人の絵がある。自分の経験を信じ、自己満足ではなく自分にしか描けない発見をしたいと思っていました。d3での様々な経験が自分に自信を与えてくれたので、本番は思い切り描けたと思います。

これから入学する生徒たちへ
 絵を描く時は「楽しむ」を忘れないでください。なかなか点数の結びつかなくて、大変な時もあると思いますが、自分の弱点に向き合って、自分の好きな所を見付け、1つ1つの課題に目的を持って臨めば必ず進んでゆけます。そして、学科の勉強で精神力、一般教養を身に付けてください。d3には切磋琢磨できる環境があります。仲間と意見交換し、先生のアドバイスを自分から求めに行ってください。そうすれば有意義な時間や経験が得られます。






御厨.JPG

小倉 現役合格



武蔵野美術大学

視覚伝達デザイン
基礎デザイン
デザイン情報



多摩美術大学

グラフィックデザイン



御厨 サマー.png高3夏期講習会のデザイン
御厨 グラス.png高3入試直前講習


些細な発見が衝撃的で面白かったです

d3で学んだこと
 進路を何となく決めるのが嫌だったので、どうせなら夢に近づけそうな美大に行こうと思い、高1の終わり頃から通い始めました。学んだ事は多々ありますが、一番は物や現象がなぜそう見えるのか、を調べるようになったことです。例えば、金属には色々なものが映り込み、それが面に沿って湾曲するからああいう風に見える、といったシンプルな事が衝撃的で面白かったです。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 約二年間、アドバイスは沢山貰いましたが、心に残っているのは「人を楽しませようとする精神を持て」です。これが一番難しい。

受験の心構え
 受験生になってからは、とにかく描くペースを上げようとしました。まずは絶対に制限時間内に終わるよう、描く手順や感覚などを繰り返し実践して覚えていき、それが安定してきたら質感表現など細かいところを上げていく方針で進めました。

これから入学する生徒たちへ
 とにかく考えて描くことが大事だと思います。考えて描いた作品からは、良くも悪くも得るものがあるからです。狙い通りにいかなかった所、上手くできなかった所が見えてくるので、次に活かせます。また、自分の長所を誰よりも知り、過信することです。僕より上手い人はd3の先輩の中にゴロゴロいますが、僕は誰よりも鉛筆で中間色を作るのが上手いと、自分で思い込んでいます。こういった自信は受験の緊張の中、パニックになった時でも大きな支えとなってくれました。最後ですが、美大を受験しようか迷っている人へ。一般大に入ってやりたい事が10秒経っても思いつかないなら、選択は美大だと思います。



今田.jpg

小倉 現役合格

千葉大学 工学部 デザイン


アイデアを認められたことが自信に繋がりました

d3で学んだこと
 千葉大学工学部デザイン学科を志望したことがきっかけで、学校の先生からd3のことを教えていただき、入学するに至りました。高校2年生の夏に入る前くらいに入学したと記憶しています。もともと絵を描くことが好きで、自分では他の人より得意な方だと思っていましたが、d3で基礎デッサンを習ったり、コンクールに参加したりしていく中で、自分の実力不足を痛感しました。特に、一番最初にうけたイーゼルデッサンンのコンクールでは、自分の中ではよくできたと思っていたのに、蓋を開けてみると点数も付けられていなくてとてもショックでした。その後デッサンの枚数を重ねて、コンクールで一桁台の順位に入った時はとても嬉しかったです。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 卓上デッサンのコンクールの時に「周りの人が考えないような置き方を・・・」と思って構図を考え、それが先生達に講評だったらしいこと。自分のアイデアを人に認められた事が、自分への自信に繋がりました。

受験の心構え
 とにかくやらなければならないことを、できるだけ沢山こなそうと思い、一日一日を過ごしていました。たまに流れ作業になりそうな時もあったので、一つ一つをできるだけしっかりと身につけられるよう丁寧に問題に取り組みました。本番は寒さと緊張でガチガチになってしまい、試験の手応えもあまりなく、試験中にも関わらず諦めてしまいそうになった瞬間もありましたが、今できる事を精一杯やろうと思いなおし、なんとか最後まで頑張りました。運よく良い結果に繋げることができ嬉しいです。

これから入学する生徒たちへ
 自分の目標を明確にし、その目標に向かって自分でしなければならないと思うことを一所懸命やってください。模試でA判定をずっと取っていても、本番で何が起こるか分かりません。普段から自分の今ある力に満足せず努力し続けてください。応援しています。



五十嵐.jpg

萩(山口県 萩市)

九州大学 芸術工学部 画像設計


厳しい浪人生活が自信を与えてくれました

d3で学んだこと
 浪人中の夏休みに九州大学芸術学部のAO入試を受けることを決め、インターネット検索で最初に見つけたd3に10月から通い始めました。デザイン系志望にも関わらず、絵には苦手意識がありましたが、工学系のデッサンは形を正確にとってナンボだと知り、絵心がどうのこうのという点は気にしなくなりました。アートというよりむしろ、数学における空間ベクトルのような難しさがあります。そりゃ平賀源内もレオナルド・ダ・ヴィンチも絵をかいちゃうよなぁ、と思いました。

講師からのアドバイスで印象に残っていること
 「強く描け!」という言葉が単純ですが、全てだなと思います。鉛筆の痕跡をしっかり付けて描く事に不安があり、ぼかした方が自然になると思い込んでいましたが、そうやって描いたデッサンを遠くから離れて見たとき、形が分かりにくく、立体感も出ていなかったので驚きました。先生方に言われるままに、やけくそになって描きなぐるくらいで丁度よかったです。採点者の目に止まるような印象の強いデッサンにしようと、常に意識するようになりました。

受験の心構え
 デッサンの減点がどれほどかは予想できないので、センター試験と論述では確実に点を獲り、後はデッサンで足掻くしかありませんでした。厳しい浪人生活が自信を与えてくれたらしく、案外楽しんで受験できたような気がします。楽しむためには、センター試験までは死ぬ気で勉強すべきです。自信の無さはデッサンに出ます。

これから入学する生徒たちへ
 美大志望の人達に圧倒されたり、秋の模試ラッシュとd3の授業で休みが無くなったりと辛い事もありますが、d3で得られるものはとても大きいです。何より楽しい!センターまでは「ストレス発散:AO対策=7:3」くらいの気持ちで楽しんで、入試直前講習は全ての体力をd3で消耗させるくらい頑張ってください!

※写真など、掲載している個人情報はご本人より了承をいただいています